払い過ぎた利息を取り戻そう

過払い金とは、消費者金融などの貸金融業者に払い過ぎた利息のことを言います。

消費者金融などで借入を行った多くの方のほとんどが利息を払い過ぎているという現実をご存知でしょうか。

驚くことに、日本人だけでも1000万人以上が利息を払い過ぎてしまっているのです。

さて、過払い金のメリットやデメリットとは何でしょうか。

メリットは、借金が減ったり払い過ぎた利息が返ってくる、ブラックリストに登録されないなど、多くのメリットが挙げられます。

払い過ぎた利息を取り戻すには、返還請求を行うと良いでしょう。

また、返還請求を行って利息を取り返した場合、ブラックリストにも登録されないのでメリットが大きいのです。

また逆にデメリットは、返還請求を行ってしまうと、借入を行った消費者金融から二度と借入を行えなくなるなどの可能性があります。

過払い金返済請求とは、払い過ぎた利息を取り戻すことを言います。

裁判所も認めている権利でもあるため、利息を払い過ぎてしまっているといったトラブルがある方は、進んで請求を行いましょう。

なかには、請求を行ったことで、1000万円以上の利息を取り戻したケースもありますので、行って損はないと言えるのです。

しかしながら、素人が手続きを行うことは簡単なことではありません。

多く払い過ぎてしまった利息をスムーズに取り戻すためには、弁護士などのプロに相談する事が成功の近道と言えます。

現在、無料で相談にのってくれる弁護士事務所もありますので、ぜひそういったところを利用してみることが先決です。

過払い金の返還請求を行う

過払い金は、法規制を超えた金利での貸付により生じてしまった払いすぎた利息です。

つまり、本来は支払わなくてもいい利息分ですので、債権者に対して正当な請求を行うことで返還してもらうことができます。

これが過払い金の返還請求という方法です。

返還請求を行う前に、実際に過払い金が発生しているか確認してみなくてはなりません。

そのために行うのが引き直し計算です。

引き直し計算には、これまでの取引履歴が必要になりますので、債権者へ取引履歴の書類を開示請求する必要があります。

開示請求と引き直し計算は個人で行うことも可能ですが、大半の方は法律家に依頼して行ってもらっています。

引き直し計算の結果、払いすぎが生じていれば返還請求を行うことができます。

また、返還請求自体も個人で行うことも可能ですが、やはり大半の方は法律家に依頼して行ってもらっています。

個人で行えば費用が掛かりませんが、それなりの知識や時間が必要になりますし、法律家に依頼すれば費用は掛かりますが、面倒な手間はありません。

どちらがいいかが一概ではないため、自身が納得できる手段で返還請求を行うといいでしょう。

返還請求には時効があるため、時効を迎えると請求ができなくなります。

時効の期間は完済から10年です。

現在も返済が続いている債務に関しては時効は成立しませんが、既に完済している債務の返還請求を行う場合は10年の期間が迫っているので注意が必要です。

早めに請求を行うようにしましょう。